アフターケアもしっかりしてくれる|美容整形クリニックに注目!

気軽にできるプチ整形

女の人

最近ではプチ整形といわれる美容整形も施術されることが増えてきたこともあり、より多くの人が神戸の美容整形クリニックを訪れるようになりました。プチ整形はとても気軽にできるというイメージもあるため、以前は整形を避けていた人でも敷居が低くなり、今ではエステ感覚で受ける人もいるのです。医療の中でも美容整形は最も進化が早い業界であり、新しい機材やメニューがどんどんでてきています。もし少しでも整形に抵抗があるという人は一度調べてみるといいでしょう。整形に対するイメージも変わりますし、より安全に、そして気軽にできるものなのだと知ることができるのです。

ところで、プチ整形とは何かというと、それは「切るか切らないか」の違いです。外科手術の際はよくドラマでもみられるように、消毒液を広範囲にかけて切れ味の良いメスのような刃物で表面を切ります。そして外から医師が手を入れて、腫瘍があるなら腫瘍を切除し、骨折があるならチタンなどを入れて歩行が可能なようにするのです。今までは医師が身体の中へアプローチするにはそういった方法しかなかったという現実があります。しかし、最近では技術も発達してきているので、カテーテルや内視鏡を挿入して手術を行なうこともできるようになってきました。そのため肌の表面にできる痕も最小限に抑えられ、傷の治りを早くすることができるようになっているのです。神戸でできるプチ整形でも同じような技術が使われていますが、内視鏡などよりももっと簡単で、注射一本で行える施術があります。注射でボトックスやヒアルロン酸を注入する施術であり、神戸でも多くの美容整形外科が行なっています。注射針しか皮膚の中に注入しないので、身体の傷が最小限に抑えられるというのが特徴となっています。身体の傷が最小限になるということはどういうことなのかというと、治りが早くなります。大きな傷を負っても動物は組織を再生し、裂けた皮膚でもくっつかせることが可能ですが、大きければ大きくなるほどダメージは大きくなります。再生もいきなりはできないので、ゆっくり治すしかないのです。しかし、注射をしたことがある人ならわかると思いますが、身体の奥に刺すとしても小さな穴しか開かないので、傷跡もほとんど残りません。

傷跡がほとんど残らないというメリットがあるため、美容整形を気軽に受ける人が多いのです。神戸にある整形クリニックでは脂肪吸引やタトゥーの切除なども行なっていますが、このような大掛かりな美容整形だと広範囲に渡ってメスを入れることがあるので、傷が腫れたりします。大掛かりな施術ほどダウンタイムといわれるような通常の機能に戻るまでに必要な期間が長くなるのです。しかしボトックスやヒアルロン酸注射などの注射針しか使わないプチ整形だと治りも早いので翌日には仕事や学校にも行くことができますし、施術を行なったとしても周囲の人に気づかれない場合が多いです。神戸で若い人に人気になっている理由としてはこういったダウンタイムの短さが要因になっています。